Re;Born(リボーン美顔器)の使い方と40代感想 専用美容液もあります。

美顔器のRe;Born(リボーン)はとても高いのですが、王様のブランチで紹介されていて、気になっていました。
40代の私は、顔のたるみ、ほうれい線、目の下のたるみが悩みです。

リボーン 美顔器

Re;Born(リボーン)はこの形がすごくいいですね。
ギュッと顔をリフトアップできて、ひきしまる感じがします。
見た目がスタイリッシュでおしゃれ。
Re;Born(リボーン)専用の美容液もあるのであわせて使ってみたので感想を書きたいと思います。

リボーン美顔器 美容液

Re;Born(リボーン)美顔器使ってみた感想

40代になってから、フェイスラインを維持するのが難しくなってきました。
食事の量には気を付けているので、体重自体は30代と同じ体重をキープしています。
それなのに、肌の老化が原因で肌がたるんでしまったり、ほうれい線や下を向いた時に二重顎のように見えてしまう事に悩んでいました。

リボーン美顔器

そんな時にテレビでRe;Born(リボーン)美顔器の存在を知って、自宅で本格エステ体験が出来ると思い、思い切って使ってみることにしました。
定期購入コースなら、美容液の料金は発生しますが、美顔器本体が0円で手に入るのも、始めやすくていいと思います。
エステ代を家で支払っていると思うことにしました。

リボーン美顔器

普通に美容液を肌に付けるよりも、美顔器をしながら美容液を肌につける方が浸透性や美容液の効果が全然違います。
使用して1ヶ月になりますが使用前と使用開始半月、使用開始1ヶ月と、それぞれフェイスラインの変化が分かりやすいように、横顔の写メを撮っていました。
その画像を比較すると、顎のラインがシャープになっている事と、顔全体がリストアップしているのが自分比ですがわかりました。

リボーン 顔のたるみ美顔器

また肌のキメ細かさや弾力がアップし、肌のトーンが明るくなってきたように思います。

Re;Born(リボーン)美顔器は、サイズは小さく持ちやすいのに、高性能で5つの美肌効果が備わっています。

「エレクトロポレーション」
「イオン導入」
「3色LEDフォトフェイシャル」
「EMS」
「RF高周波」

です。

どれも美容皮膚科学的に効果があると証明されている技術です。
家庭用美顔器でここまで高性能な美顔器はなかなかないと思います。

実際に過去にエステサロンでフェイシャルケアを受けた事があるのですが、エステサロンの効果はその場限りで持続しないのが不満に思っていました。
Re;Bornなら、得られる効果はエステサロンにも負けてないのに、定期的に行う事で効果を持続できる点が良いと思いました。

リボーン たるみ美顔機

バッテリーの安全装置があるので、ながら使いをしていても安心安全です。
使った後の、きゅっとひきしまった感覚を味わうと、毎日使うのがとても楽しみになってきました。
気分も上向きになっていいかんじです。

Re;Born(リボーン)美容液を使った感想

Re;Born(リボーン)は、エステサロンに負けない高性能な美顔器ですが、一緒に使用する美容液もなかなか良いですよ。
ヒトの細胞培養液をベースに作られた高性能美容液なので、肌の奥にまでしっかり浸透する上に、肌に優しく低刺激になっています。
Re;Bornの美容液は2種類あり、美容液AAでエイジングケアを行い、美容液SSで肌にハリと弾力、保湿を与えてくれます。

リボーン美容液

美容液AAとSSを使用する事で、若々しい肌へと働きかけてくれます。
美容液AAには、EGFが入っていて肌コンディションを整えてくれます。
ちょっとねっとりとしてオイルのような美容液です。
とても濃いテクスチャーです。

リボーン美容液

美容液SSは白い乳液のようなテクスチャーです。
ヒアルロン酸が高配合されていて、3種類のコラーゲンも高配合されています。
肌の保湿をぐんとアップしてくれるので、美顔器で浸透させた後は、本当に肌がしっとりとしてもっちりしているのがわかりますよ。

リボーン美顔器

40代になると、生活習慣を気を付けているつもりでも、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。
ですが、この美容液を美顔器でもって使うと、肌のターンオーバーを整えてくれるそうです。
肌老化の気になる症状がどんどん改善されていけたら嬉しいですよね。

Re;Bornと一緒に美容液を使うことによって、よりいっそう肌が元気になって、ハリツヤも出てきました。

美顔器Re;Born(リボーン)の使い方

Re;Born(リボーン)の使い方は、1回に10分間、週に2回のペースで使用する事で、美肌をキープする事が出来ます。
使用する時間はいつでもOKですが、入浴後に使用し、美容液を塗った状態で肌のゴールデンタイムを迎えると効果は抜群です。

あと朝起きて洗顔後に使用してから、メイクをすると化粧のノリが良くなるのでおすすめです。
でも、私は朝に時間を取るのがとても難しいので、ゆっくり入浴後に使うのが好きです。

リボーン ほうれい線

美顔器なので、顔全体に使用出来るのはもちろん、肩やデコルテ部分にも使用する事が可能です。
目の周りも使用する事は可能ですが、目の周りは特に皮膚が薄い場所なので、使用の際に目を閉じる事と、パワーを弱めに設定するようにして下さい。
パワーの調節も、簡単にボタンでできます。

リボーン目元

あとまぶたの上は使用できません。

他にも美顔器が使用できない部位は、アザやイボなど斑点がある部分や、肌荒れでかゆみやほてりの症状がある部分、喉ぼとけにも使用できません。
美容液の使用量の目安は、500円玉のサイズぐらいで、顔に塗った状態で美顔器を使用して下さい。
美容液は2種類あるので先に美容液AAを塗ってから、美容液SSを塗る順番を必ず守るようにしましょう。

Re;Born(リボーン)の3色LEDの効果と役割

Re;Born(リボーン)の美顔器には、3色のフォトフェイシャル機能があります。
黄色、赤、青、全色、全色点滅と、ボタンによって切り替えできるようになっています。
その色の目的と効果がわかれば、その時の肌コンディションによって使い方を変えることができますよね。

黄色
肌を若々しく、明るく透明感を出したい時

リボーン美顔器 LED


肌にハリツヤ、弾力が欲しい時

リボーン美顔器 LED


ニキビなどのオイリートラブルで困っている時

リボーン美顔器 LED

全色
トータルエイジングケア

リボーン美顔器 LED

全色点滅
肌に刺激を与え、美容成分を肌の奥へと浸透。
仕上げに使う

結局は全色を使っていることが多いですが、得に意識したい時は、それぞれの色で使うこともあります。
目元にじっくり当てていると、たるみが改善してきたようにも思います。

リボーン 目元たるみ

さいごに

美顔器Re;Born(リボーン)は、10万円以上もする高い美顔器なので、なかなか手が届かないと思っていました。
ですが、考え方によると、毎月エステ代だと思って支払っていくと完済しますよね。

リボーン 顔のたるみ美顔器

実際使ってみると、顔がひきしまってきてとても良い美顔器だと思いました。
40代に突入すると、肌が乾燥したり、肌がたるんでしまうなど、肌老化を実感する機会が多くなります。
そしてスキンケアとして、基礎化粧品選びも重要ですが、正直なところ基礎化粧品だけの効果では物足りないと感じている人が多いと思います。

リボーン美顔器

Re;Born(リボーン)は期待以上にフェイスラインの変化や肌の変化を実感する事が出来、5歳ぐらい一気に肌が若返った気がします。
しかも週に2回、1回に10分の使用だけでOKなので、面倒くさがりの私でも続ける事ができています。
使うのが楽しいというのもあります。
エステにすでに通っているという人にもとてもおすすめの美顔器です。