朝メイクをしても昼、夕方には目の下にしわが出ている

朝起きて顔をあらって、ゆっくりと化粧水、乳液、美容クリームで基礎を整え、
その合間合間に、朝ごはんを食べながら、こんどは下地クリーム、クリームファンデ、
フェイスパウダーと仕上げていっています。

このいつものルーティンとなっている一つ一つの工程がすごく好きで、
なんだかとっても落ち着きます。
最後口紅をひいて、チークをはたいて、完成した顔をみるのは、
とても達成感があります。

んが!!しかし。
この瞬間を頂点に、すごいスピードでブスになっていきます。
チャリンコをこいで、職場につき、何度かトイレに行くたびに
おや。しわができている。残念だ。という瞬間を繰り返しています。

特に、トイレの鏡はすごくブスに映る気がしています。
きっとみんなもそう感じているのではないでしょうか。
(まきぞえ)

そこで、どうにか改善する方法はないのか調べてみたところ、
ピン!とくる方法に出会いました。
それは、ミストでもなくて、
乳液を綿棒でトントントンです。

この方法を知るまでは、私は顔全体に化粧水を
ばっしゃばっしゃ浴びさせていました。
ほら、潤えー!みたいなかんじで。

でも、本当はしわになってしまったところだけめがけて、
まずは油分の乳液をとんとんとんと狭い範囲で塗るのが良いそうです。

それは、化粧水をつけたところで、
水分を奪い蒸発してしまうだけだからなんだそう。
大丈夫な部分の水分をも奪っていってしまうので、大変BADな方法ですね。

乳液などの油分ならば、ふた的なやくわりですから、
狭い範囲で塗って対応できます。