花粉症で目のまわりがかゆい。しわになるからこすらないで!

花粉の季節はつらいですね。
私の場合は、顔がかゆくなります。
特に目のまわりは皮膚が薄いせいか、特にかゆいです。

寝ている間にもこすったり書いたりしているのか、
朝になったら目がパンパンにはれてしまっている。
ということが多々あります。

化粧水がしみるくらいになったので、皮膚科にいってみると
皮膚科の先生も目のまわりがかゆい!ということでした。
花粉がピークなので、患者さんにもこういう人が多いようです。

こすってばかりいては大変!だって皮膚がよれてしわになってしまうからです。
しわになってはいけないけど、かゆみはがまんできない!ですよね。

皮膚科の先生よると、外から帰ったら顔を洗ってまずは刺激となる花粉を
洗い流すのがよいそうです。

この時期は私は飲み薬と、塗り薬を併用します。

アイメイクはこの時期はいたしません。
ゆっくり時間がすぎるのを待ち、あまりひどくならないように
細心の注意を払います。
つけまも、まつエクも、刺激になってしまうので、この時期はがまんがまん。
極力めがねですごし、外的刺激から守っています。

それでもまぶたが茶色くなってしまったり、こすってしまう摩擦により
しみみたいになってしまいます。
もう泣きそうです。
どちらかというと、目の下よりもまぶたが痒くなってしまうので、
目の上が茶色くなってしまいます。

かゆくならないように、かかないように注意して
あまり目をこすらず、しわになる原因を減らしたいですね。