乾燥肌、敏感肌によいおすすめセラミド保湿化粧水を使おう。肌摩擦はNG

テレビで乾燥肌がすすみ敏感肌に
なってしまう原因は、セラミド不足がある

皮膚科の先生がおっしゃっていました。

乾燥はしわの原因になりますし、
肌の保湿は絶対必要ですよね。

皮膚はターンオーバーによって下から表面に
むかってあがってきます。
角質層になると上からぺろっとはがれて
垢のようにおちるんですって。

角質層の細胞と細胞をつないでいるのが
セラミドという保湿成分

皮脂でもなく水分でもない重要な成分なのです。

化粧水で水分補給、油分でフタ
というイメージがありますが、
本来セラミドがあれば、
水分も蒸発しないし、皮脂も必要ないのです。

すぐに乾燥を感じる人はこのセラミドが
減っているとのこと。
そして、そのセラミドがスカスカになると、
肌にスキマがあいて、外部刺激が入ってきます。

そうなると敏感肌になるという悪循環になってしまいます。

そもそもセラミドは年齢を重ねると
減ってしまうのですが、

それをより減らしてしまっている間違い行動
があるのです。

それは肌への余計な摩擦です。

肌をいたわって、化粧水をつける時、
パンパンパンとたたいていませんか?
または、化粧水をしみこませようとして
グニュグニュしてませんか?

肌の表目の角質層はとっても薄くて
ティッシュペーパーほどもないんです。
思っている以上にデリケートなので、
さわってばかりいると、
セラミドが逃げてしまうんですって。

化粧水をつける時は
おさえるようにやさしくつけましょう。
そして乾燥をおさえて保湿力の高いのは
やはりセラミドの入った化粧水です。

乾燥がとっても気になる人は
まずセラミド入りの化粧水が必要ですね。
セラミドに何かプラスするか、
代わりのものとなると、
ヒアルロン酸などの入った化粧水がよいでしょうね。

クレンジングの時もNG行動があるんですよ。
目の周りを落とそうと必死になって
ゴシゴシしていませんか?

それは本当にダメな行動。
肌は生卵をさわるくらいの気持ちで
さわらないとダメなんですよ。
最初にTゾーンをなぞってから
Uゾーンにうつるのが正解ですよ。

でも、ちゃんとメイクが落ちるか心配だという人は
クレンジングだけで全部落とそうと
必死になっていませんか?

そのあとの石鹸洗顔とあわせて
落ちればよいので、
クレンジングで半分、石鹸で半分
という気持ちでいいそうですよ。

それから洗顔の温度も大切。
熱いお湯で洗うのは肌を痛めてしまいます。
ぬるいお湯で洗面器からすくって
すすぐのが正解です。

強いシャワーでジャーっとながすのも
だめですよね。

生たまごをさわるように扱う。
これを意識しているだけでも
肌をさわる手つきが変わってきますよ。^^