紫外線としわの関係

しわの原因となる紫外線は、A波(UV-A波)があります。
紫外線には、A波(UV-A波)とB波(UV-B波)があり、
肌の真皮にとどくA波(UV-A波)が、しわやたるみを引き起こす原因だと
言われています。

それは、B波にくらべてA波は波長が長いため、より深く届いてしまうからなんです。
真皮はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった繊維で作られています。
A波を長時間浴びてしまうと、エラスチンが切れて分解し、コラーゲンが切断されてしまい、
はりのある真皮を保てなくなります。

弾力のある肌を保とうと思ったら、紫外線対策は絶対に必要ですね。
紫外線を浴びると、活性酸素が生まれます。
活性酸素は人間の体内になるあらゆるものを破壊していきます。

エラスチンもコラーゲンも破壊していくので、
小じわだったものが大じわになっていってしまうのも
紫外線が原因だったりします。

エラスチンはコラーゲンを束ねる役割をしているので、
切れてしまっては大変です。
ですが、コラーゲンもエラスチン20代から、だんだんと減り始めます。

いかに紫外線を浴びる時間を減らすかが大切かが
わかりますよね。