ほんまでっかTV 重太みゆき先生が千秋さんの若見えを解説

ほんまでっかTVで若く見える人、老けて見える人についてのテーマで話されていました。
その中でも、重太みゆき先生による千秋さんの若見えの理由が気になりました。

千秋さんのお顔立ちが童顔なことが、印象的に若くみえるとのことでした。
童顔の定義は見た目の感じだとは思いますが、具体的にいうと眉毛と目の位置関係にあるようです。

眉と目の距離が遠いと若くみえるそうで、千秋さんは実際に眉と目の距離が広いです。
あと、おちょぼ口も関係があるそうです。
おちょぼ口だと、口を大きく笑う時に、大きく「がはは」と笑うのではなく、小さく「ふふふ」と笑うために、しわがあまりできないからだそう。

そう言われたら、千秋さんのお顔ってそんなに大きく印象は変わらないなあ。と思いました。
目と眉の距離もそうですが、眉と眉との距離も離れている方が若く見えるそうです。
テレビでもイラストつきで解説していたので、私もちょっと書いてみました。

若く見えるというのは、その人の印象だと思うので、幼い顔立ちか大人ぽい顔立ちかで、損得はありそうですね。
眉と目の位置関係は生まれてきたものなので仕方ないですが、
眉を離してみたりなど、メイクでも若見えは工夫できそうかなと思いました。